Entries

東京チカラメシ包囲網と次の一手

「東京チカラメシ」の勢いにやや陰りが出てきたという記事を見ました。

東京チカラめしへの逆風 出店ペース鈍化、大幅減益…御三家の包囲網でブームに陰り?」(Business Journal 2013/6/15 07:40)

同社のHPで財務状況を見てみると、今年度に入ってからやや苦戦しているように見えます。
http://www.sankofoods.com/ir/zaimu.html

確かに松屋、吉野家も完全に焼き牛丼のマネ商品を出してきているので、差別化要因がなくなってきたのは確かです。戦略論的にだんだんとレッドオーシャンになってきたという事です。

東京チカラメシは、逆にノーマル牛丼を作って大手にケンカを売るようですが、これもレッドーシャン的な感じがします。というのは「すき屋」が安売り攻勢をかけている市場なので、利益を上げるのがかなり厳しいのではないかと思われるからです。ガッツリ系は「すた丼」がありますが、どちらかというとこちらの方は、イメージに合っているような気がします。

大衆向けの飲食業の差別化はかなり困難です。新参者の定石としては、大手が過去の資産にしばられて動けないのを利用して、顧客が本当に求めているものを提供する戦略があります。(たとえばライフネット生命やかつての松井証券のやり方がこれに当たります。)

ということで、ガッツリとは逆バリになりますが、最近の時代背景を考えて、米の代りに野菜とメインして低糖質を打ち出した「ヘルシー牛丼」というのはどうでしょうか。マネされる前に、「ヘルシー=東京チカラメシ」ブランドを確立すれば、それなりにいけるかも。
関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://flowone-lab.com/tb.php/101-5269f478

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング