Entries

TOCで戦略的な自由度を拡げる

先週「ザ・ゴール コミック版」の発売を記念したTOC(制約理論)セミナーに参加してきましたが、マツダやデルタ航空の発表を聞きながら、慶応大学ビジネススクールの清水先生の著書「戦略と実行」が頭に浮かびました。ザ・ゴール コミック版(2014/12/05)エリヤフ・ゴールドラット/ジェフ・コックス商品詳細を見る戦略と実行(2011/03/24)清水 勝彦商品詳細を見る経営を「戦略」と「実行」に分けると、清水先生は「戦略のコモディテ...

給料が低かった時代の方が、みんなモチベーションが高かった訳

先日、「某社では給料が低かった時代の方が、みんなモチベーションが高かった」という話を聞きました。この会社は他社に先駆けて「成果主義」を導入したりして、先進的な会社としてもてはやされていましたが、残念ながら今は業績低迷にもがいています。「成果主義」は導入方法や時期を間違えると「アンダーマイニング効果」を生みやすいと言われています。つまり「給料(金)」と「仕事」を直結させすぎると、モチベーションが落ち...

テクノロジーで紛争予防に貢献する

昨日は、日本予防外交センター(通称JCPD、現在は「日本紛争予防センター」JCCPに改名)で、 かつて紛争地帯で一緒に活動した友人と、社会人向け大手予備校で国際機関を目指す方々向けに講演を行いました。NGO後、私はビジネスの世界に進み、知人は長らくスリランカに駐在して戦火の中を和平調停に動いていましたが、久々に停戦までの凄惨な様子を聞き、かなりショックでした。私の置かれた立場で何ができるか、そしてビジネス、国...

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング