Entries

極点社会:人口減少で将来、地元岡山の地方都市が多数消滅?

5月1日にNHKのクローズアップ現代で放送された人口問題についてに番組ですが、そこで提起されている問題はかなり衝撃的でした。▼クローズアップ現代http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3493_all.html番組内で紹介されていた「日本創成会議・人口減少問題検討分科会」によると、2040年、若年女性の数が半分以下になる自治体が全体のおよそ5割になるそうです。90%以上の女性が出産する年齢が20-39歳のため、この...

社内の「対立」と「和」について考える

「対立(コンフリクト)」と聞くと、何やらネガティブな感じがしますが、その対(つい)になる「和」というコンセプトも含めて、少し整理して考えてみたいと思います。「対立」には大きく下記の2つの見方があります。・生産的コンフリクト(Productive Conflict)・非生産的コンフリクト(Unproductive Conflict)MBAでは定番の組織行動論の教科書「組織行動のマネジメント」(S. ロビンス)に基づいて考えると、非生産的コンフリ...

チャイナ・ルール 不可解中国人の行動原理 (双葉新書)

妹の恩人、小林純子さんの著書「チャイナ・ルール 不可解中国人の行動原理 (双葉新書)」(2013/10/2発売)を拝読。チャイナ・ルール 不可解中国人の行動原理 (双葉新書)(2013/10/02)小林 純子商品詳細を見る中国関係の本を読むなら、こういう本を読まないと偏ってしまうなと実感。どうしても報道だけを見ていると、尖閣とか、ベトナムとの衝突とか、暴動とか、毒入り餃子とか、きな臭いニュースが前面に出てきます。また現地に一度...

英単語は語源で覚えるのがベスト:英語リスニングRPGアプリ「トイクルヒーロー」

作成中のiPhoneアプリが、無事アップルの審査を通過し、2014/5/12発売が決定しました!タイトルは「英語リスニングRPG トイクルヒーロー」(販売価格200円)です。内容は、昨年リリースした「英語発音RPG トイクルクエスト」をベースに大幅にパワーアップした内容になっておりますが、今回の大きなセールスポイントは下記の2点です。1)iOS7から実装された「音声読み上げ機能」を最大活用2)英語の語源学習にフォーカスしたストー...

TOCfE による問題解決を学ぶ(入門編)

2013年8月に京都で4日間研修を受けてきました。トピックは「教育のためのTOC(TOCfE= TOC for Education)」です。内容的には、ロジカルシンキングと問題解決思考法を合わせ、さらに進化させたようなものなのですが、私は数年のうちに、この手法が日本を変えるかも知れないと思っています。というのも、従来の問題解決手法が「対立」を招きやすいのに対して、TOC型は「和」を促すからです。「そもそもTOCって何なの?」という...

孫さんが効果的に使ったマネジメントコントロール

「プレジデントオンライン」のコラムを興味深く読みました。「出版する雑誌8誌のうち7誌が赤字に。廃刊するか」孫正義が出題、思考力を磨く設問PRESIDENT 2011年3月7日号孫さんの答え自体はともかく、このコラムで最も面白かったのは下記の部分。1)(孫さんが各雑誌編集長に伝えたセリフ)「これより3カ月以内に黒字にならなかった雑誌は、すべて廃刊します」2)「口から泡を飛ばし、大げんかをした結果、勝負の3カ月間は毎週会...

眠たい映像を作らない技術(正しいEラーニングの作り方 その3)

■面白い授業の要素とはいきなりですが、ちょっと学生時代を思い出してみてください。みなさんは先生のどんな話が記憶に残っていますか?・・・・先生の授業内容そのものでしょうか?それとも別のものでしょうか?実はEラーニングを設計する上で、これはとっても大切な問いかけです。多くの人にとって実際に記憶に残っているのは、授業に関連して(もしくは脱線して)先生が話してくれた個人的な体験談や、授業中に起こったハプニン...

問題解決の2つの潮流:ピラミッドストラクチャーとシステム思考

DeNA創業者として活躍する南場智子さんの著書「不格好経営」には、考えさせられる記述がいくつもあります。不格好経営―チームDeNAの挑戦(2013/06/11)南場 智子商品詳細を見る南場さんは戦略コンサルティング会社として世界トップクラスのマッキンゼーでパートナー(共同経営者=トップの地位)まで上り詰めた人であり、戦略立案=クライアントの問題解決のエキスパート中のエキスパートです。その南場さんが「コンサルタントと事業...

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング