Entries

タイの華僑に学ぶお金の流れという話

バンコク滞在中に、タイ人経営者から華僑のお金に関する話をお聞きしました。ご飯を食べながら「バンコクのタクシードライバーって乗車拒否する人がいますよね」という会話をしていたのですが、タイではタクシー会社がレンタカー会社みたいになっていて、ドライバーをやりたい人が会社から固定料金で車を借りて商売し、給料は自分で稼ぐ歩合制なんだそうです。で、実際どういうサービスをするかは実質的にドライバーさんにゆだねら...

プラットフォームを作る (カンブリア宮殿 道の駅が生む奇跡の集客術)

昨日の「カンブリア宮殿」(2014.3.20放送)は大変参考になりました。「地方の底力SP 第一弾!~道の駅が生む奇跡の集客術~」 ・萩しーまーと 駅長 中澤 さかな(なかさわ・さかな) ・からり直売所運営協議会 会員番号1番野田 文子(のだ・ふみこ)番組では、道の駅というプラットフォームの上で、地元のおばちゃん達が、それぞれに地元の野菜や工芸品、パンなんかを自分で値決めして売っている様子をドキュメントしてい...

「役人=悪、市民=善」というパラダイムから抜ける

昔お世話になった先生が、あるNGO主催の公開セミナーに出演されるというので参加してきました。内容は「特定秘密保護法」についての対談でした。セミナーの方では、ゲストの先生が・賛成反対に関わらず、相手側の主張を理解する事が必要・仮に反対だとしても、条文をきちんと読んで、自分は何に反対なのかを知る必要がある・イメージで反対する人は、世の中の風潮が変わればイメージで賛成するようになる・国家は情報を隠匿する傾...

コンフリクトマネジメントについて

先日、「世界に通じる交渉術セミナー」を実施させていただきました。交渉術というのは「コンフリクト(対立)をどうマネジメントするか」という組織行動論の領域に入る「紛争解決」から生まれた学問領域なので、この分野のパイオニアであるモートン・ドイッチ( Morton Deutsch コロンビア大学名誉教授)の考えた「そもそもコンフリクトって何」という辺りをきちんとご説明しないと、どうしても「交渉=勝ち負けを争う技術」という...

Appendix

若林計志

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング