Entries

魂が伝わる講義映像(正しいEラーニングの作り方 その5)

以前オーストラリア人の教授と話していた時の話です。ある日本の大学のパンフレットを見せながら、その学校の特徴について説明していたのですが、オーストラリア人の教授が不思議そうな顔をしているのです。何かと思って聞いてみると、こんな答えが返ってきました。「なんでプロフェッサー達は、みんなしかめっ面を写真に写っているんだ?機嫌が悪いのか?」生粋の日本人である私には違和感はなかったのですが、講師一覧のページを...

学習コミュニティのマネジメント(正しいEラーニングの作り方 その4)

私たちが社会人になって「これは人生で大切な事を学んだな」「自分って成長したな」と思うような学びの瞬間は、一体どんなときに起こっているでしょうか?米クリエティブリーダーシップセンター(Center for Creative Leadership)の Michael M. Lombardo とRobert W. Eichingeの研究によると、我々の学びはおよそ「70:20:10」割合で構成されています。具体的には、70%は、実際の経験を通じた学び20%は、周りの人か...

MOOCSの単位認定と大学講義のフリーミアム化の流れ

MOOCS(無料のオンライン大学講義)の正式単位認定への動きは、予想よりずっと早いペースで動いている。個人的にはもう少し時間がかかるのなと思ったら、すでに5つの講座が正式に米大学の単位として認定されているのだそうだ。この認定講座数が加速度的に増え、大学のありようを変えるのは時間の問題。「米で大規模オンライン講義サイトCourseraの講義を大学の単位として認定」(2013/2/8 10:26) http://internet.watch.impress...

3つの基本形(正しいEラーニングの作り方 その2)

Eラーニングには大きくいって下記の3つのタイプがあります。学習目的に応じて、これらのタイプをうまく使いこなす事が求められます。(1)知識の習得を目的としたもの(従来の紙教材の延長線上にあるもの)(2)情報を整理するフレームワーク(思考の「型」)や、やり方のコツ/スキルの習得を目的としたもの(3)新たな知識を創造することを目的としたもの(1)は、基本的には「自己学習」と「反復学習」による知識の暗記を...

宗教改革とグレイナーの組織発展論が似ているところ

以前に「大統領選とキリスト教」というコラムで、16世紀にヨーロッパで起こった宗教改革について書きました。当時、宗教改革の中心人物であったルターは贖宥状(免罪符)批判を巡って、「なんか最近の教会っておかしいよね。もう一度聖書に戻って、本当にそこに書いてある事を、みんながちゃんと理解して、きちんとしたキリスト教を信仰しようよ」といういたってマトモ(というか普通)な主張をしていました。実際に、当時は聖書...

Eラーニング設計のそもそも論(正しいEラーニングの作り方 その1)

どこでもブロードバンドが使える環境、iPadやスマホなどのコンパクトなモバイルデバイスの登場、撮影機器の高性能化&低価格化などによって、年々Eラーニングを導入するハードルが下がっています。その一方で、「Eラーニングを導入したけど、社員のモチベーションがイマイチ上がらない」「効果があるのかないのか正直分からない」「やはりリアルの講義でなければ伝わらない何かがある」といった声があるのも確かです。私の仕事はひ...

鎌倉幕府の成立が1192年ではなく1985年?

最近、鎌倉幕府の成立が、1192年(いいくに)ではなく、1185年(いいはこ)だという説が、バラエティ番組などで盛んに紹介されています。スタジオゲストが、「えー、そうなんですか。知らなかったなあ」「目からウロコです」みたいなコメントをしてオチになるのですが、「これで本当にいいだろうか」と思います。鎌倉幕府の成立には諸説ある・・というより解釈の問題で、天皇が源頼朝を「征夷大将軍」に任命した1992年...

Appendix

若林計志

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング