Entries

東京チカラメシ包囲網と次の一手

「東京チカラメシ」の勢いにやや陰りが出てきたという記事を見ました。「東京チカラめしへの逆風 出店ペース鈍化、大幅減益…御三家の包囲網でブームに陰り?」(Business Journal 2013/6/15 07:40)同社のHPで財務状況を見てみると、今年度に入ってからやや苦戦しているように見えます。http://www.sankofoods.com/ir/zaimu.html確かに松屋、吉野家も完全に焼き牛丼のマネ商品を出してきているので、差別化要因がなくなってきたの...

ニワトリ会議とマネジメントコントロール

ホンダイズムの原点であるHONDA創業者の本田宗一郎さんをモデルにした「ニワトリを殺すな」という本があります。この本に「ニワトリ会議」の話が出てきます。ニワトリは群れの中に血を出しているニワトリがいると、みんなでよってたかってつついて殺してしまうそうです。そして、このニワトリの群れのような会議が多くの会社で行われています。失敗した社員をみんなで血祭りに上げる会議、社長が誰かを攻めたら、「そうだそうだ」...

良心的なネゴシエーターがハマりやすい落とし穴

ネゴシエーター(交渉人)はいつも自分のポジショニングを振り返る必要があります。というのは、交渉の過程で、ついつい自分の立ち位置を忘れてしまうからです。交渉の基本は「WIN-WIN」です。勝った負けたで勝負がつく弁護士の世界や、相手との関係構築が不要なワンショットディール(一回かぎりの取引)でもない限り、双方が「勝った」と思わなければ、交渉は失敗です。そう考えればビジネスにおいて、関係性を無視した交渉はほ...

信用を武器に変えるマーケティング戦略 平久保仲人

Bond-BBT MBA(ボンド大学), ニューヨーク市立大学で教鞭をとる平久保先生の最新刊。「信用」を武器に変えるマーケティング戦略(2013/05/29)平久保 仲人商品詳細を見るいかに顧客と信頼関係を構築し、それを長期的な利益につなげていくかについて、骨太な議論が展開されています。ともすれば精神論になりがちなこのテーマについて、アメリカで活躍されている研究者らしく科学的な根拠と圧倒的なデータで切り込み、いろいろな事例...

経営センスの論理:カリスマの周りにいる武将と家来

一橋大学の楠木先生が、「経営センスの論理」を発刊されました。それに関連する日経インタビュー「センスのない人がトップに立った会社は悲惨」で下記のように語られています。(引用)「昔のかばん持ちや書生という仕組みは、優れた経営者の裏に潜む論理を見るいい機会になっていたと思います。スキルではなく、センスを極めて間接的な方法で伝授していたのですね。」私も大枠その通りだと思います。拙著「プロフェッショナルを演...

ケーススタディ:大津中2いじめ自殺

「自殺の練習をさせられていた」「蜂の死骸をむりやり口の中に押し込まれていた」「教育委員会がアンケート結果を一部隠蔽していた」など、自殺が起こってから次々と深層が明るみに出た滋賀県大津中学の2年生自殺事件。この事件を初めて本格的に取り上げたのが共同通信大阪社会部であり、そのレポートをまとめたのが「大津中2いじめ自殺」(PHP新書)です。大津中2いじめ自殺(2013/05/17)共同通信大阪社会部商品詳細を見る本書を...

組織改革を志す人が知っておくべき事

転職や起業がすっかり日本でも定着してきましたが、もし現在の勤務先が、仕事を通じて充実感を得られるような環境を提供していたら、会社を離れようという人がそんなにたくさんいるでしょうか?私の周りにも「会社に嫌気がした」「組織に幻滅した」という理由で独立したり、転職する人がかなりいます。ただよくよく聞いてみると、今でも辞めた会社の「経営理念」は大好きなのです。つまり問題だったのは「マネジメント」なのです。...

「見える化」がモチベーションを上げる(大人の社会見学とホーソン効果)

まずはこの工事現場の写真をご覧ください。「魅せる現場 魅せる仕事」と大きく書いてあります。これは現場で工事している人にどんな心理的影響を与えるでしょうか?「安全第一」「指差し確認」のような”上から目線”の標語よりも、「子どもに自慢できるような、ちゃんと仕事をしよう」という気にならないでしょうか?ここ数年、工事現場や工場の視察ツアーがブームです。それも子ども向けだけでなく「大人の社会見学」という位置づ...

エアアジアジャパンには何が足りないか

「ANAHDとエアアジア LCC合弁解消へ調整 」(産経 2013.6.11 07:00)というニュースが流れました。世界的にLCC化の流れにある中で何が失敗しているのでしょうか。実際にエアアジアジャパンのホームページをのぞいてみると、国内線と国際線がごちゃごちゃで分かりづらい事この上なく、しかも途中から英語表記になるというダメダメぶりです。このユーザビリティでは、一般客が気軽に利用とする気になかなかなれないでしょう...

学校いじめ自殺問題で、組織的隠蔽が行われないようにする方法

湯河原で起きたいじめ自殺事件で、同級生の少年3人が児童相談所に送致されました。「湯河原町教委「いじめ見つけられず申し訳ない」 神奈川 2013.6.10 21:52」このように事実が明るみに出て具体的に警察が動くまで、学校幹部が隠蔽に動き続けた事は大変残念です。「何やってんだ!」と批判されながらも、問題がいつも同じ繰り返されるのは、組織の構造的な問題だからです。経営学者のラリー・グレイナー博士のいう組織成長の「...

Appendix

若林計志

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング