Entries

農家から「脳家」へ

実家の岡山から「シャインマスカット」が届きました。実家では温室周りのボイラー設備業をやっているので、農家さんの知り合いが多く、この新種のマスカットは、取引先の1つである Tさんの温室で採れたもの。1房の単価は7000円近くもする高級ブドウです。私も子どもの頃に、父の仕事にくっついてこのTさんの温室に何度か行った事があるのですが、”大学出のインテリ”と呼ばれていたTさんは明らかに周りの農家から浮いていまし...

プロセスを共有する事で「組織の記憶」ができる

ブレストの効果について『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(2012) を出版され、現在早稲田ビジネススクールで教鞭をとられている入山さんのコラムをご紹介します。世界の経営学者はいま何を考えているのか――知られざるビジネスの知のフロンティア(2012/11/13)入山 章栄 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄▼「ブレスト」のアイデア出しは、実は効率が悪い! IDEOのケースから分かる思いがけない別の...

部分最適にならない最適な役割分担とは

リゾートホテルや温泉旅館の再生やマネジメントで有名な星野リゾート。同社は主にリゾートの「マネジメント(経営)」を手がけて成功しています。よく「経営と資本の分離」と言ったりしますが、多くのホテル/旅館では経営と資本が一緒になっています。この「経営」の部分に特化したのが星野リゾートです。現在、多くの老舗旅館が赤字スレスレで経営しており、最近になって国が耐震工事の実質的な義務化を決定した事によりかなり資...

極点社会:人口減少で将来、地元岡山の地方都市が多数消滅?

5月1日にNHKのクローズアップ現代で放送された人口問題についてに番組ですが、そこで提起されている問題はかなり衝撃的でした。▼クローズアップ現代http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3493_all.html番組内で紹介されていた「日本創成会議・人口減少問題検討分科会」によると、2040年、若年女性の数が半分以下になる自治体が全体のおよそ5割になるそうです。90%以上の女性が出産する年齢が20-39歳のため、この...

問題解決の2つの潮流:ピラミッドストラクチャーとシステム思考

DeNA創業者として活躍する南場智子さんの著書「不格好経営」には、考えさせられる記述がいくつもあります。不格好経営―チームDeNAの挑戦(2013/06/11)南場 智子商品詳細を見る南場さんは戦略コンサルティング会社として世界トップクラスのマッキンゼーでパートナー(共同経営者=トップの地位)まで上り詰めた人であり、戦略立案=クライアントの問題解決のエキスパート中のエキスパートです。その南場さんが「コンサルタントと事業...

コンフリクトマネジメントについて

先日、「世界に通じる交渉術セミナー」を実施させていただきました。交渉術というのは「コンフリクト(対立)をどうマネジメントするか」という組織行動論の領域に入る「紛争解決」から生まれた学問領域なので、この分野のパイオニアであるモートン・ドイッチ( Morton Deutsch コロンビア大学名誉教授)の考えた「そもそもコンフリクトって何」という辺りをきちんとご説明しないと、どうしても「交渉=勝ち負けを争う技術」という...

スーパーマーケットの巨大化とその課題

先日、岡山の実家に帰った際、近くのスーパーに食材(刺身)を買いにいきました。まずは中型スーパーの「ザ・ビッグ」へ。ここは以前に「MAXValu」(マックスバリュー)という店で、その後リブランドしたイオン系の店舗です。そこそこいろいろな商品があって安いのですが、残念なのは刺身の種類が極端に少ない事。私は父から頼まれた「いさきの刺身」が買いたかったのですが、一般受けするマグロやイカはあったものの、それ以外は...

ピアプレッシャー(Peer Pressure)

周囲からのプレッシャーという意味を指す「ピアプレッシャー」。うまく使うとモチベーションが上がりますし、失敗すると一気にやる気がダウンします。例えば、部下が上司の視線を背中に感じながらうまく仕事をやり遂げる事は、成長につながります。さらに上司が適切なフィードバックを与える事が出来れば、モチベーションもグーンとアップします。逆に「監視」に近いピアプレッシャーはモチベーションをダウンさせます。たとえば、...

自分を演じさせているドラマを意識する

ただいま組織マネジメント/組織心理を研究中ですが、その中で、気にかかっているのが「演じる」という話。今回のメルマガではこのテーマについて、少し深く考えてみます。一昨年出版した「プロフェッショナルを演じる仕事術」(PHP)では”演じる”というのがまさにキーワードだったのですが、「演じる」という行為が組織の中でどう機能しているのかが、最近分かってきました。●冷淡な母親に育てられた子どもはどうなるか?ミネソタ...

吉田兼好はイノベーター:「はかなし」というコンセプトが生まれた背景

溜まっていた書類整理のついでに以前に受講した「イシス編集学校」 の資料を発見したのですが、その際に松岡正剛校長の「はかない」という言葉について解説記事を発見しました。以前は読み流してしまっていた文章なのですが、よくよく考えてながら見てみると、「”はかなし”というのはまさにイノベーションだ!」という事に気づきました。元々「はかなし」という言葉は「はか+なし」の合成語です。「はか(量)」は、はかどる、は...

ベンチャー系家電が快調の理由

最近ベンチャー系の家電メーカーが快調なようです。ベンチャー家電として代表的なものに、数年前に大ヒットした自然風に近い風が出る扇風機「グリーンファン2」があります。それに続けとばかり、ぞくぞくと面白い商品が出ています。私が眼を付けているのは、全チャンネル録画マシン「ガラポンTV」(約4万円) です。このマシンはワンセグに絞って録画する事でデータ量を抑え、全チャンネルを2週間丸々録画できます(ハードディ...

MOOC(大規模公開オンライン講座)で変わる教育の未来 (2013/10/25発行メルマガ)

今週10月23日(水)に、東大の福武ホール(赤門横)で開催された「FLIT 第1回 公開研究会 MOOCと反転授業で変わる21世紀の教育」に参加してきました。FLITは「東京大学情報学環 反転学習社会連携講座」の英語名で、山内准教授の音頭で動きだし、「反転学習(フリップト・ラーニング)」を主に研究します。反転学習をざっくり言うと「生徒は映像授業を宿題として事前に見て、教室ではその補足指導や応用議論を行うような授業の...

GUとクオリアとiPhone5cの違い

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■大人の学ぶ技術 2013/10/18■□   フローワン代表 若林計志 http://www.flow-one.com━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ こんにちは。若林@フローワンです。一気に冬に向かって寒くなってきましたね。風邪など引かれないようにお気をつけください。それでは今週のメルマガをお届けします!━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆ GUとクオリアとiPhone5cの違い☆10/26 BOND卒業生本の...

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング