Entries

シーリングライトのイノベーション

以前電気屋にLEDのシーリングライトを買いに行って、アイリスの超シンプル機種(これで十分)と、倍以上値段のする高い商品ラインのSharp「ソメイヨシノ」色など、いろいろな色が出る機種を見ながら「もうイノベーションはないカテゴリーなのかな」と思っていたけど、そうでもないんだなあと思う。これで、朝日が昇ってくるのを再現して起床を促したり、寝ながら映画とか天体観測ができたら最高。窓のない部屋に「太陽光」を疑似再...

BIND(バインド)スマホ対応

ホームページ作成ソフト「BIND(バインド)7」を愛用しているのですが、自動レスポンシブ対応にならないかなーと常々思います。最近のタブレットはそこそこ解像度が高いので、わざわざ専用サイトを作る必要がありません。問題はスマホなのですが、これも解像度や画面サイズが大きくなってPC用のサイトが、違和感なく見られるようになる時代が、すぐそこまで来ている気がします。ただ当面は厳しそうなので、スマホ専用サイトとを作ら...

社会貢献活動をしている人が助けているのは誰?

昨晩は東北最大の震災ボランティアプロジェクトを運営された西條先生@早大と、先日「NHKプロフェッショナル」に出演されていたソーシャル投資の新井和宏@鎌倉投信の講演会に参加。「社会貢献活動と収益事業のバランス」についていろいろ考えさせられたが、自分的に最も面白かったのが、新井氏のエピソード。新井氏はバリバリの外資系ファンドマネージャーだったが、体を壊して退職し、心の渇きを感じて社会貢献に関わり始めたそ...

テクノロジーで紛争予防に貢献する

昨日は、日本予防外交センター(通称JCPD、現在は「日本紛争予防センター」JCCPに改名)で、 かつて紛争地帯で一緒に活動した友人と、社会人向け大手予備校で国際機関を目指す方々向けに講演を行いました。NGO後、私はビジネスの世界に進み、知人は長らくスリランカに駐在して戦火の中を和平調停に動いていましたが、久々に停戦までの凄惨な様子を聞き、かなりショックでした。私の置かれた立場で何ができるか、そしてビジネス、国...

鎌倉幕府の成立が1192年ではなく1985年?

最近、鎌倉幕府の成立が、1192年(いいくに)ではなく、1185年(いいはこ)だという説が、バラエティ番組などで盛んに紹介されています。スタジオゲストが、「えー、そうなんですか。知らなかったなあ」「目からウロコです」みたいなコメントをしてオチになるのですが、「これで本当にいいだろうか」と思います。鎌倉幕府の成立には諸説ある・・というより解釈の問題で、天皇が源頼朝を「征夷大将軍」に任命した1992年...

大統領選とキリスト教

米大統領選はオバマが再選されましたが、このテーマについて複数の経営者と雑談をしている時に、プロテスタントとカトリックの話になりました。アメリカ人は元々プロテスタントの国ですが、現在では全人口の73%がキリスト教。(意外に低い!)。そのうちプロテスタントが58%、カトリックが24%。(ロムニーのモルモン教は2%ほど)ちなみに私の母校オルブライト大学はメソジスト系の大学です(メソジスト=Methodist=Metho...

プラットフォームを押さえたKindle

遅ればせながら、拙著が日本のアマゾンでKindle版の本が買えるようになっているのを最近知りました。楽天Koboも手元にありますが、どうも欲しい本がさっと見つからないのが不便。今後アマゾン検索で「kindle版」という表示がどんどん出てくるようになったら、絶対買ってしまいそう。。ソニーリーダーなどの含め、ハード的に優れた端末は多くありますが、ソフト面ではアマゾンが圧倒的。これもこれまで構築してきたプラットフォーム...

「誰を救いたいか」がモチベーションの源泉

iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞された山中教授がインタビューで、留学先のグラッドストーン研究所所長から、成功する条件として「ビジョンとハードワーク」という言葉をもらったと語られています。もともと治療ができない難病に研修医として直面し、何とか救いたいというところが山中教授のモチベーションの起点だそうで、「誰かを救いたい」という気持ちは本当に強いんだなと思います。政策学校「一新塾」の森嶋代表が、ミッシ...

Appendix

若林計志

flowone

株式会社フローワン代表取締役。日本最大級の海外オンラインMBAを立ち上げ、事務局長を約11年間務めた後、独立。ビジネスパーソンのマネジメント力アップ、学習システム/アプリの開発等に取り組んでいる。 TOCfE国際認定コース修了。コロンビア大学大学院ICCCR 交渉術講師認定コース修了(by Dr.B.Fish) info@flow-one.com

MBA流 チームが勝手に結果を出す仕組み

組織や人が目標に向かって自然に行動する「仕組み」を構築する方法論=「マネジメントコントロール」を分かりやすく解説します。

プロフェッショナルを演じる仕事術

(「BOOK」データベースより)大前研一監修の海外MBAプログラムの責任者として、スキルアップを目指す多くのビジネスマンと関わってきた著者。そこから見出した成功法則を、余すことなく披露する。発刊以来2万部突破!

リーディングス組織経営 改定版

リーダーシップ、イノベーション、プラットフォームなど、多岐にわたる経営学のテーマが、分かりやすくまとめられている岡山大学版教科書。第9章「企業成長に伴う内部対立のメカニズム:避けがたい「壁」を乗り越えるための処方箋」を寄稿させていただいています。

Twitter

検索フォーム

くる天 人気ブログランキング